習慣について

自分の習慣をつくろう!習慣化できない理由とは?

こんにちは、ももてんです^ ^
良い習慣があれば、良い結果がついてきそうだということは想像できますが「続ける」って至難の業なんですよね。。

習慣化できるとなぜ良いの?

今私がこうやってブログを書くことも、やり続けることに意味があります。
よく著名人は「習慣」にこだわっていますよね。
習慣=継続=毎日=訓練のように生活の一部にしてしまえば、時間と脳を無駄に使わずに行動できます。
ですが、どんなに真面目な人でも基本的に人間は面倒くさがりなんです。
なので、自分がやることに対して納得することが必要。

そのためにも「夢ノートの作成」をオススメします。
夢ノートについてはこちらも読んでみてくださいね。

決めた後は、
日常生活の中にそれを取り入れてルーティンにします。

できる限り、自分のメンタル状態に関係なく、歯磨きや食事と同じように当たり前にすることが大事です。

やるかやらないかを気分で決めていると、毎回「やる!」という決断をしなくてはならず、脳が怠けたがって負けることが出てきます。
それでは続きそうにないですよね。

私は食事をしたあと洗い物をするとき、やりたいかやりたくないかは考えていません。
下げたらそのまま全部洗って掃除をする。テレビの音を聞きながら。
皆さんも朝起きてから出かけるまでの支度は、寝ぼけながらも勝手に動けていませんか?

 日常生活の一部になっていることが習慣。
考えないでも自然とやるということですね。
ベルトコンベアーのように、淡々と同じ作業を同じペースでやるイメージです。

スポーツ選手を真似る

野球のイチロー選手のルーティンの作り方がお手本になります。

真似する時は、やり方だけじゃなく考え方もセットで学びましょう。

特にスポーツ選手や有名人は自伝を出版されていることが多いので、気が弱くなった時に読む本を持っておくのがオススメです。
憧れはすべてのスタート地点✨です。こうなりたい!っていう気持ち。
達成したときの自分にワクワクする気持ちを忘れないでいましょう。

イチロー選手は毎朝カレーを食べていることで有名です。
いつも同じルーティンを行うことで、自分の体調の変化に気づけるようになるとお話しされていました。

叶姉妹も、毎朝コップ一杯の水を飲むそうです。不思議と体調によって感じる味が変化するとおしゃってました。

浅田真央さんのナイトルーティンは、アロマオイルを枕元に数滴たらすこと。よりよい睡眠のために数種類持っている中からその日気に入ったものを使っているそうです。
さすが、睡眠の質にこだわっていますね!

難しく考えなくて大丈夫です。
憧れの人を真似るところからはじめるだけで楽しいですよ♪

イチロー選手のことばシリーズに興味がある方はこちらを参考にしてみてくださいね↓

日付を書く大切さ

我が子の宿題を見ていて必ず伝えるのが「日時を書こう」です。
日付を書いて、曜日を書いて、時間を開始〜終わりまで書く。
それを繰り返していると、自分の変化が見えてきます。
字が丁寧だったり、汚かったり、早く終わったり遅かったり、変化があります。

そして、気持ちの変化・環境の変化・状況の変化・進捗具合が時系列で振り返ることができます。

「ここまでくるのに一週間かぁ」などわかれば、次のスケジュールや対策が立てられますよね!
少しでも良い方向に変化していることを実感できると、続けるモチベーションになりますよ^ ^

『準備する習慣』

 次の日に着る洋服を準備するとか、荷物を準備するとか、持ち物の準備。
あなたは前日にやっていますか?準備って思っている以上に時間がかかります。
これでもか!ってくらいやってちょうど良いです。

なぜ一生懸命準備について言っているかというと、今までわたしが散々忘れ物をしてきたからです(笑)
重大場面でこそ、緊張していつもできることが出来なくなったりもします。
なので、大事なことに集中できるよう、持ち物の準備は早め早めに万全でいきましょう。

さらに、その準備を効率化させるために、物は常に定位置を決めておくことをオススメします。
いろいろ固苦しくする必要はありませんが、定位置にするメリットはかなりあります。
紛失する可能性が低くなり、準備にも普段と同じ流れにすればよくなるのであまり頭を使わないで済みます。時間も短縮できるおまけ付きです☆


それから、勉強でいえば予習も準備の一つです。
○〇について調べる、のも準備です。
こちらの準備は、先生などに自分のやる気をアピールできますし、自分の理解も深まります。
学ぼうという姿勢でちゃんと授業に臨んでくる生徒に対して、先生も人間なので嬉しくなって一生懸命教えようとしてくれると思います。

『身の回りを綺麗に保つ習慣』

整理整頓することは、頭の中を整理整頓することに等しいです。

家の玄関、水回り、引き出しの中、使っているタオルは清潔?
モノが溢れてたら断捨離して、身の回りも頭の中もスッキリさせましょう。
綺麗にすると頭の中にスペースができます。
スペースがあることで良いものを取り入れたり、覚えることができますよね。
さらに、水場を綺麗にすると、気の流れがよくなって思いもよらないところがスムーズに流れ始めます。

時々行う断捨離は気持ちよくて癖になりますよ☆

また、これの逆を考えてみましょう。
汚かったらテンションが下がります。「片づける」という作業からスタートしないといけないので、何かはじめるにも面倒になります。
物が多いと、必要なものが見つかりません。タイムロスが発生。
家が汚いと人を招くことができませんので、出会いや付き合いが減ります。
汚い箇所があると、他もそれでいいや…となりやすく、負の連鎖です。


やっぱり片付けにはこちらを読んでいただきたいですね!
もう読んじゃってますか?


そして、人間関係も綺麗かどうか考えてみてください。本当に類は友を呼びます。
汚れているなと思ったらそことは縁を切ることを考えて行動していきましょう。
人間関係の難しいところは、思っているだけではなかなか難しいものです。
引越など自分から環境や場所を変えるのことを推奨します。
ダメだったのなら、やり直せばいいんです!
投げ出すばかりでなく努力は必要ですが、そこがすべてだと思い込む必要はないですよ。

最後に

  • 習慣を始める前に、まずはそれをやる!ということに自分が納得することが大事。
  • 日常生活の中にそれを取り入れて、考えずに行えるようルーティンにする。
  • 憧れる人の本を持っておく。やめたくなった時に開いて思い返すこと。
  • どんなノートにも、成長と成長速度を確認できるように日時は必ず記入。
  • 準備は早め早めに徹底的に行う。
  • 身の回りを整理整頓して綺麗に保つ。
  • 頭の中に余裕をつくっておこう。

あれ、ここまで書いてきて、小学校でやらされることとまったく同じだな…。
大切さが理解できていないと、大人になるとやめちゃうんですね。

さぁ、今から良い習慣を始めましょう!