習慣について

見た目の重要性。モテと自分表現は切り離せ!

こんにちは、ももてんです。

皆さんは、見出しなみにはどのくらい気を遣われていますか?
芸能人や美容家の方は数時間かけて化粧している人もいますし、洋服に数万円かけるのも当たり前の人もいます。
なぜ見出しなみを整えるのかというと、人からどう見られるか気になるからですよね。
もちろん、自分自身が整えていたほうが気持ち良かったり、化粧をして自信が湧いてくるからというのも理由です。
美容整形も、今やポピュラーになってきているのか、知り合いでも二重手術をした人が数名います。
わたし自信はそんなに服装を気にしなくなってきた今日この頃。
もっと戦略的にならなくてはと思い、このブログを書いています。

人の第一印象は3秒で決まる【メラビアンの法則】

メラビアンの法則とは、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)心理学名誉教授のアルバート・メラビアンが、論文で発表した研究結果を法則化したものです。
人が第一印象を決める要素は3つ

  • 言語情報7%
  • 聴覚情報38%
  • 視覚情報55%

この3つの要素に矛盾があった場合、人はどのような受け取り方をするのかを実験したもので、視覚から入ってくる情報が一番大きいことがわかります。
服装だけでなく、しぐさや表情も含まれます。
ただ、日本に広まるときに内容が一人歩きしてしまい誤解もあるようなので、詳しくはこちらを参考に読んでみてください。

ここで私がお伝えしたいことは、見た目(しぐさ・外見)は重要なのか?⇒重要!
ってことは間違いないということです。

こんな本は読まれたことはありますか?

題名だけでもキャッチーですよね。
ベストセラーになっているので、この考え方が自己啓発セミナーなどで広まっていることがよくわかります。

だいぶ前になりますが、ある社長さん方とお話ししていたときに「あれはズルいよな~ほんとにズルい」と話していたことを教えてくれました。

あるビルのオーナー社長が、作業着で掃除をしていて、スーツで営業にくる人たちが清掃員みたいな自分にちゃんと挨拶したり、丁寧な対応をするかを見ているのだそう。
確かにズルい(笑)
これを聞いて、戦略的だな~と深く感心しことを覚えています。

自分が相手にどう見られたいか、ちゃんと判断して利用しているのです。

ももてんの学生時代の失敗談

ここで私の昔話になりますが…中学時代、服装で見た目から失敗した話です。

当時は安室奈美恵さんの恰好を真似たアムラーがたくさんいました。
まだ中学生なので、ルーズソックスを履いて、スカートを短くする程度でしたが、
それでも少し不良っぽく見えるようにしていました。

あるとき、海外へホームステイする市の企画がありました。
それには数名しか行けないので、作文を書いて面接を受けて選ばれなければいけません。

その面接会場になる学校へ行ったときのことです。
他校の子たちが親御さんの隣で、ルーズソックスからシンプルな靴下へ履き替えて、スカートも長くして真面目モードにチェンジしていました。

わたしはそれを見て「そんなの本当の自分じゃないじゃん。わたしはありのままの自分で、誠実に気持ちを伝えるんだ!」と意気込みました。
そして、面接官が果たして誰だったのかはわかりませんが、若い男性からバカにしたような視線を浴びながら「行けるといいですねフッ」と鼻で笑われて面接を終えたのを覚えています。

結果、もちろん選ばれることはありませんでしたが、その後の大きな教訓になりました。

これが【TPOに合っていない自分よがりの行動】ということです。

デヴィ夫人がスカルノ大統領の目に留まるために100万円かけて洋服をレンタルしていた

ずいぶん前に放送されていたテレビ番組で、印象に残ったお話です。
デヴィ夫人が「自分は特別な女だ」とスカルノ大統領に気付いてもらうために、急いでいろいろレンタルして、自ら傍まで行き、見事ナンパされたという実話です。

この方法、女性として完璧!って思いました。
自らの足で努力はするけれど、一歩出てもらうのは男性から。
そのあとの幸福度が違ってくることは言うまでもありません。
『かぐや様は告らせたい』漫画・映画でいえば、戦いに勝ったということですね。

デヴィ夫人もお金があまりなかった頃に、です。
もちろんお綺麗で人気もあってそれなりに稼ぎがあったようですが、自分を演出することに長けていたことがわかる逸話でした。

そういう前例を多数見聞きしてきたことで、ももてんの若い頃は仕事着に関しては人の数倍の金額をかけて購入していました。その分食事は我慢。。
良いものを身に着けていると、自然と姿勢もしぐさも綺麗になって、目力もついてきます。
そのおかげで、仕事で実績を上げたり、偉い方々に可愛がっていただいたりと成果がありました。今でも、仕事をするときの服装は大事だと心得ています。

じゃあ、とにかく高価であればいいのでしょうか?
いやいや、仕事以外もありますし。家ではまったりしたいですよね。

モテるための服装、自分が好きな服装

服装を選ぶとき、そこには、人からどう見られたいのか「目的」があります。

恋人を作りたい、チヤホヤされたい、そんな願望は誰にでもあると思います。
ももてんも若い頃は自分の好みより、男性うけが良いものを選んでいました。
自分が好きなものを着ることより、マーケットを広くすることのほうが重要だったんですね。

仕事=「できる人間だとみられたい」

恋愛=「たくさんの人からチヤホヤされたい」「あの人に好かれたい」

私生活=「これを着てると気分が上がる」「リラックスできる」

なので、個性的な服装だったり、迷ってしまっている人は自分が『どうしたい』のか目的をしっかり確認しましょう。

あなたの服装は、目的からズレていませんか?
「楽」ばかりを目的にしていてはダメですよ(+_+)


でも、一つ前置きをお伝えします。
“モテる”のと、“好きな人と両想いになる”ことは「目的」が違います。

服装でいえば、

モテる=たくさんの人(柔らかい素材、一か所露出、大き目サイズ・ぴったりサイズ)
好きな人=一人(露出なし、華美にしない、誠実さ)

ここを間違うと、相手に誤解を招かれます。
好きな人からは「この人なら長く一緒にいられそうだ」と思ってもらわないといけません。
やっぱり、どこでも相手の気持ちを考えることが大切ですよね。

『TPOに合わせる』とは、そんなところから生まれた言葉なのかもしれません。
時(time)と場所(place)と場合(occasion)
時と場所、場合に合わせて行動や言動をわきまえるのは服装についても言えることですね。

幸せな人の服装とは?心が成長すると起きる事象

ももてんが20代の頃は、爪にネイルアートをしたりスカートを履いたり、髪もロングが多かったです。「女性」でいることに自信を持っていたんですね。
結婚して子供がいる人たちを見てみると、あちこち気を遣えてなくて、旦那さんに大切にされてる?って感じるような人たちもたくさん見かけました。

その人たちと比べて、失礼ながら、さらに自信を持ったものです。

しかし、です。
自分が結婚して子供ができて、子供も大きくなってくると、逆の気持ちになったのです。
身なりに気を遣って女でいようと努力している人を見ると「頑張ってて大変ね…」と(;’∀’)

子供を3人も産むと体型も変わってきます。
昔はダイエットをかなり頑張っていましたが、今となっては体型が変わっても周りからの態度は何も変わりません。
むしろ、好きなものを食べて、意見もはっきり言って、自分らしくなってきたようにさえ思えます。

服装も汚れてもいいような動きやすいものばかり。
目的は子供の世話をするためですから、それが一番です。

どちらの時が幸せだったかは、それぞれの時にそれぞれの幸せがあるので何とも言えませんが、守るべきものができた今のほうが豊な気持ちでいられているような気がしています。

仏像に隠された意味

皆さんは神社仏閣を訪れた際に、仏像をご覧になったことがあると思います。
なんでここで突然仏像なんだって思いました?(笑)まあちょっと聞いてください。

仏像は大きく4種類あります。

☆如来(にょらい) さとりを得た人、真理に到達した人という意味です。さとりを得ているので、からだを飾りたいといった欲望がなく、基本的には粗末な衣を身にまとっています。仏教のなかでは最高の境地に至った存在として、もっとも高い位にあります。
菩薩(ぼさつ) 悟りを得るために修行中で、まだ完全に悟りを得ていないので、耳飾りや胸飾りなどの装身具をたくさん身につけています。
天(てん) インドの土着の神々をベースとしているため、バリエーションが非常に豊富。個性豊かな仏像が多いのもの特徴です。
明王(みょうおう) 救いがたい人間や生き物を調伏するために、怒りの表情で仏教の教えを説いています。厳しく人々を導くために顔や手足の数が多かったり、手には武器や蛇などを手にしていたりするのが特徴です。

☆を付けた如来は、「如」=真理の世界、「来」=来たひとという意味で、「真理界から来た人」=如来です。仏教の最高位。
人として成長していき、悟りを開くようになると飾りやいい服は必要なくなってくるということがわかります。
わたしはこれを知って自分が恥ずかしくなりました。

仏像の階層を見ることで、人としての成長過程を感じられます。
穏やかになっていくこともわかりますね。

成り上がっていった社長さんたちも、はじめこそ煌びやかにブランドものを纏ってみますが、数年もするとシンプルイズペストな服装にチェンジしていたります。

だからといってわたしたちは仏門に入るわけではないですから、粗末な服を着ればいいというのはちょっと極端すぎるかもしれません。

やはり、TPOに合わせてそれなりに、日頃から華美になりすぎず、清潔感を意識した服装が一番良いのかなと思っています。

逆に、人間関係が面倒くさそうな場所に行くときは、わたしは非常識な人っぽくして出掛けています(ニヤリ)

自分が相手からどう見られたいか『目的』をしっかり意識して服装・アクセサリー・髪色髪型・しぐさを選びましょう

最後までお読みいただきありがとうございました。
今日の一文が、あなたのインスピレーションと行動に繋がりますように。
また次回のご訪問もお待ちしております♪