ももてんプロフィール

はじめまして、ももてんです!

現在アラフォーで、中学生・小学生・乳児の子供たちのママです。
毎日てんやわんやの生活をしています。

洗濯物は多いし、食事は帰宅順に用意して、洗い物は洗ったそばから増えていきます。
オムツ替えは赤ちゃんと老犬の二人分。

お犬様の粗相した場所をきれいに吹き上げ続けて手の’ささくれ’が治りません( ;∀;)

そんな私も、まだまだ密かに叶えたい夢があります。

☆ももてんの夢☆

・ももてんはこのブログで、疲れた人の心を癒し、励みとなるブログを作成いたします。

・『いくつになっても、 その気になれば人はいつでも挑戦できる』をスローガンとして、夢を持つ持たない関係なく、挑戦していくモチベーションになれるサイトを目指します。

・子供たちの家(居場所確保)、動物の保護、フードバンク協力などを行っていきます。

2021年8月吉日

と、勝手に宣言失礼します。夢を人に話すと良いと聞きますから(^^♪

少し、ももてんの子供の頃の『夢』を振り返らせてください。

幼稚園の頃の夢は、戦隊モノ五レンジャーのレッドになりたかったです。
女の子はピンクが好きな子が多かったけど、中心人物に憧れたんですね。
小学生の頃の夢は、内閣総理大臣!でした。
だって、日本で一番偉い人みたいだから。笑
その時は大真面目ですよ。
なんでみんなの夢に「総理大臣」って言っている子が一人もいないのかってことに不思議に思っていました。

そして目指します。
「エリート街道を行かないとダメらしいから、私立の学校を受験しよう!」

〇〇になるには‥などで調べた結果です。
とういことで、勉強を頑張りました。

そしてある日、机に向かっている私に父が言いました。
「うちに受験するお金はないよ‥」と。

えーーーーっっ!!

その時は、大人の金銭感覚というものがよくわかっていなかったんです。
裕福だとは思っていませんでしたが、同じ公立校に通うお友達が受験するように、望めば同じ選択肢があると思っていました。

いや、思いたかったのかも…。

私立のかわいい制服に憧れはじめていた私はがっくり。
でも、切り替えというか、諦めも早かったです。
『自由自在』という分厚い教材が難しかったから(^^;

それでも一番を目指すことは忘れていなくて、目指していたのは

耳にピアスの穴をあけた一番!
ルーズソックスを一番に履く!
一番長いルーズソックス!
一番短いスカート!
一番初めに髪の毛を染める!

ってよくわからない方向へ走っていました。

(あ、この中学時代の同級生が、わたしに「ももてん」とあだ名をつけてくれました。桃の天然水のCMがよく流れていたんです。)

一度足を踏み外してしまうと、その時間が長ければ長いほど、元の位置に戻ること自体難しくなっていきます。

でもね、いるんですよ、ここから這い上がってきた人たちが。
気になりませんか?

どうしたらそうなれるのか?

自分と、何が違うのか?

そんな人たちを紹介したり、実践していたこと、参考になる本や言葉をバシバシお伝えしていこうと思います^ ^!

『ももてんdream』は、いずれ我が子たちの将来の参考書になるように作っていきます。

職場でいつも私を頼りにしてくれている迷える子羊たちの後輩に向けても書いています。

そして、それをシェアするつもりで世の中の迷えるすべての人々へお届けしていきますね☆

また、10代20代30代40代50代60代…と年齢・状況や環境によって、同じ言葉を読んでも、受け取り方が違ってくると思います。

ときどき読み返して、自分の気持ちの変化を感じてみてくださいね。

応援していただけると嬉しいです。どうぞよろしくお願いいたします(*^^*)

   ももてん